[ゆうせい荘]哲学の根幹

哲学

今回は、哲学の根幹について語ろうと思います。

ゆうせい荘の哲学の根源について

哲学の根幹が何かって言うと

「人は自分の幸福を最大化するように行動することが結果的に全体の幸福の最大化につながる」っていうことです。

だから、自分が一番いい感じに動けばいい感じになるって話です。

もちろんこれは、ただの予想なんすけど

僕は、なんでこうやって思ってるかって言うと

まず、幸せなやつが近くに居ると、こっちも幸せになってくるじゃないすか?

あと、ビジネスとか経済の方でもいいのかなって思ってるんすよね。

みんな自分の好きな物とか、自分が楽しい物が実際一番頑張れるじゃないすか。

だから、ミクロの視点から見ると、各々がみんな好きなことやったらうまくいかないとかがありえますけど

マクロ的な視点で見たら、結果的に自分が好きなようにやることが一番全体の利益の最大化にもなるのかなって思ってます。

だから、みんな一人一人好きに自分が楽しくやっちまえばいいんじゃねってことですね。

ルールに対しての考え方

追加してルールに対しての僕の考え方なんですけど

僕は、ルールは破って良くて、ルールの本質を守ろうって思ってます。

それが何かって言うと

そもそも法律だから守らなければいけない。とかいう考え方の人って結構居るじゃないすか

これってどういう宗教かっていうと

ちょっと前の権力者とか頭が良いやつらが作ったルールをみんなが守ることが、国民全体の一番の幸福に繋がるっていう考え方の宗教なんですよね。

で、僕はこの宗教をほとんど全然信じてなくて、

というかそんなんルール作ったやつの都合じゃね?とか思ったり

あと、どうせ、法律とかって権力者がうまく利用するじゃないすか。

こういうのって、やだなって思うんすよね。

こんな事言っても、人の作ってきたルールって結構優れてるのもあって、

人殺してはいけないとかは、めちゃくちゃ正しいと思ってます。

なんせ200年程前までは、一部のやつは、理由があったら人を殺して良いってルールだったんすよ。

でも今では、基本的に人を殺してはいけないってなってて、それはチョー正しいじゃないすか。

このルールって人を幸福にしますよね。

だから僕は絶対に守ろうって思ってるんすけど。

けど、「例えば大麻を吸ってはいけない」って僕の予想では多分人を幸福にしてないんですよね。

大麻は僕が調べた結果は、既得権益とか、利権の問題で権力者が得するようなルールだなって思ったんで、このルールって国民を幸せにしないやんってことで、破ってもいいなって思ってます。

現状は法律っていう仕組みがあるから、法律っていうルールは基本的に使うとして、

ただルールの本質、そのルールがどういうロジックで人を幸せにしているかっていうのを考えて、その本質を守るべきだと思うんすよね。

だからルールっていう、文字通り言葉通りを守る意味なんてなくて、なんでそのルールがあるのかっていう事を分かる人は、ルールの本質さえ守ってれば良いと、僕は思います。

ただ、ルールの本質が分からない人は、そのままルールを守るべきとも思いますね。

まとめ

僕はこんな感じで、自己中に幸福を追求しようぜっていう考え方と、ルールは本質を守ろうぜっていう考え方を持っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました